Researchers

早稲田大学政経学部卒(1972)。
1990年より中央大学商学部教授。進化経済学会会長(2015 -2018)。Editor-in-Chief, Evolutionary Economics and Social Complexity Science, Coordinating Editor, Evolutionary and Institutional Economics Review
京都大学博士(経済学)。

中央大学商学部教授

経済学者。北海道大学教授。2019年度までは、北海道大学経済学研究科内に西部教授他と2011年度に設立した地域経済経営ネットワーク研究センター(REBN)のセンター長。
地域の豊かさをどう測るか,社会的規範の形成のゲーム理論モデル,が現在の研究テーマ。

北海道大学教授​

経済学者。北海道大学教授。2019年度までは、北海道大学経済学研究科内に西部教授他と2011年度に設立した地域経済経営ネットワーク研究センター(REBN)のセンター長。
地域の豊かさをどう測るか,社会的規範の形成のゲーム理論モデル,が現在の研究テーマ。

専修大学 経済学部 准教授

子どものシュタイナー学園の入学に伴い、神奈川県相模原市藤野地区へ移住し、藤野地域通貨よろづ屋の事務局に参加。代表を務めるアーキタイプ株式会社では、新規事業開発・業務改善施策、各種事業のプロデュース、コンサルティングを行う。

まんまる助産院院長・上智大学 総合人間科学部 非常勤講師。
共著「お産を楽しむ本~どこで産む人でも知っておきたい野性のみがき方~」農文協。自然なお産を支え合う地域コミュニティづくりに取り組んでいる。

デジタル地域通貨「さるぼぼコイン」「アクアコイン」の基盤となるプラットフォームシステム「MoneyEasy」の開発・運用を手掛ける。

さるぼぼコインを着想したデジタル地域通貨の先駆者であり飛騨高山の地域通貨エネポの推進者。

ブロックチェーン実用化アドバイザー。中学卒業と同時にエンジニアとして頭角をあらわした天才ホワイトハッカー。

オックスフォード大学行政大学院 Government Outcomes Lab客員研究員。国内外の様々なインパクト投資に関与。

パターン認識と機械学習の分野で多文化の仕事の経験と学際的な研究の経験を持つ情報技術と学術研究の三言語大学院エンジニアです。コミュニティ通貨のメンバー間の通貨流通を加速することです。

関西大学大学院社会学研究科教授。ウィスコンシン大学マディソン校PhD(開発学)取得。近代化や開発の意味を問い直す持続的社会に関する研究と当事者の視点を活かした地域コミュニティ創りのアクションリサーチを日本、ブータン、ネパールなどで行う。

関西大学大学院社会学研究科教授