「非法定通貨である地域通貨と仮想通貨の可能性と課題 ...
一般社団法人専修大学デジタルコミュニティ通貨コンソ ...
お金はいま、新たな統合型コミュニケーション・メディ ...
5月30日(木)にグッドマネーラボの設立会員総会を ...

私たちはお金なしでは一日たりとも生きていくことはできません。それは現代の経済社会で電気や水のように私たちの生活に欠かせない存在です。いまお金はどうなっているのでしょうか。 2002年、ヨーロッパ連合(eu)で域内統合通貨ユーロが誕生し、当初はその流通圏が拡大していったので、やがて地球上どこでも使える単一の世界通貨が生まれるだろうと多くの人が予想しました。ところが、2010年に弱い環であったpigsからソブリン危機が勃発し、ギリシアやキプロスの金融危機が深刻になると、今度はユーロの崩壊が懸念されました。さらに、イギリスのeu離脱やアメリカのトランプ政権誕生によって、国内産業保護や移民抑制といった内向きの政策への転換が打ち出されると、経済のグローバル化からナショナル化、ローカル化への転換が鮮明になりました。

Activities

We help communities connect and share their experience and knowledge.

調査分析・研究開発活動
地域通貨の実践者および地域通貨の導入を検討する企業や地方団体のために、西部がコミュニティドックによって培ったノウハウをベースにして、今後はそれをさらに新しい研究員たちとともに進化させながら、デジタル-コミュニティ通貨の実装に向けた調査分析をおこないます。実装後も継続して「よりよいよいお金」を目指します。
啓発普及・社会制度化活動
給与の支払いや納税が可能になることはもちろん、現実に法定通貨と同等の貨幣としての価値を獲得できるように、産官学が協同する専門家集団の立場からロビー活動をおこないます。デジタル-コミュニティ通貨の社会的意義を伝道しながら、その社会的地位向上のためにはたらく、最良の圧力団体(social pressure)になります。
情報提供・教育研修活動
各種セミナーやフォーラムの開催およびニュースレターの発行をとおして、研究者や実践者が自由に発信でき、また相互に交流しながら良貨のための良いシナジーが生み出せる場づくりをおこないます。日本から世界にデジタル-コミュニティ通貨を発信する旗頭として、2019年9月に高山市で開催される「第5回貨幣革新・地域通貨国際会議」でもその中核を担います。
13,910,000,000,000

世界の仮想通貨は、日本円換算として約14兆円に達しています。(coinmarketcap12月6日現在調べ)

2068

世界の仮想通貨・暗号通貨数

677

国内の地域通貨数

Our STAFF

グッドマネーラボ理事

Researchers

グッドマネーラボ研究員

OUR BLOG

27 5月 2019

会員総会のお知らせ

[kc_row use_con…
Read More
11 11月 2018

設立シンポジウム開催のお知らせ

一般社団法人専修大学デジタルコ…
Read More

Staff Wanted!

スタッフを募集しています。
Address 川崎市多摩区東三田2-1-1 専修大学1号館1410号室

Email info@goodmoneylab.org