草郷孝好

関西大学大学院社会学研究科 教授

01

about

関西大学大学院社会学研究科 教授。
ウィスコンシン大学マディソン校PhD(開発学)取得。近代化や開発の意味を問い直す持続的社会に関する研究と当事者の視点を活かした地域コミュニティ創りのアクションリサーチを日本、ブータン、ネパールなどで行う。
主な著書に「GNH(国民総幸福):みんなでつくる幸せ社会へ」(共著、海象社、2011)、「市民自治の育て方:協働型アクションリサーチの理論と実践」(編著、関西大学出版部、2018)などがある。

02

PORTFOLIO

グッドマネ―ラボ第三回セミナー開催

グッドマネ―ラボ第三回セミナーを下記の通り開催いたします。今回のセミナーでは、株式会社フィノバレー代表取締役社長の川田修平研究員に講師を引き受けていただきます。セミナー終了後には、懇親会も行う予定です。ぜひお越しください

Read More »

グッドマネ―ラボ第二回セミナー開催

グッドマネ―ラボ第二回セミナーを下記の通り開催いたします。今回のセミナーでは、ドレミング株式会社 代表取締役会長の高崎義一様に講師を引き受けていただきます。セミナー終了後には、懇親会も行う予定です。ぜひお越しください。

Read More »

設立シンポジウム開催のお知らせ

一般社団法人専修大学デジタルコミュニティ通貨コンソーシアムラボラトリー 設立シンポジウムを開催   地域通貨の現状と仮想通貨の現状を鑑み、産学官連携での新しい経済システムの構築を目的とした専修大学デジタルコミュ

Read More »

「良貨が悪貨を駆逐する」 新しい未来が始まります。

「非法定通貨である地域通貨と仮想通貨の可能性と課題を産学官民共同で調査研究し、両者の融合である『デジタルーコミュニティ通貨』を『良貨=グッドマネー』としていくような制度設計、制度整備、教育・啓蒙を実施ないし支援することを

Read More »